FC2ブログ
    タイムマシン…それは『幸せ』で『リッチ』な生活を手に入れるための『超加速装置☆』       
    ココはそんな夢のようなマシンを創造するブログです☆

ある方から相談を受け、今まさに対応策を考えています。法的根拠の裏取りもしなくてはなりません。

同時に2件…とても重たい…

ちょうど忙しい時ではありますが、相談を受けてしまったからには見捨てるわけにはいかない…そう思っています。

私は弁護士ではありませんが、色々とゴタゴタの解決を相談されやすい体質?ですので正直苦労しています。相談を受けたからといって報酬をもらえることはなく…かといって相談事はいつも緊急性が高いものばかりですので、どうしても自分の事が後回しになってきます。

…そう思いながらも…ブツブツ言いながらも働いています。。。

ケース1

『男に勝手に2台携帯電話を契約されてしまい困っている…毎月3万円ほど支払っている…どうにかならないか?』

…話を聞いた際違和感を感じました。。。なんでそうなるの?

しかし、正攻法といいますか…そんなのさっさと解約してしまえば?ね!はい解決☆と思っていたのですが解決しませんでした。。。

2台のうち1台は依頼者名義でしたのですぐに解約できたそうです。しかし、もう1台は名義が男になっており、依頼者が支払い者になっているとのこと。。。なので依頼者は契約者ではないので解約はできないといわれた…何度も事情を話したが携帯ショップの店員に理解してもらえず、契約者でなければ解約はできなかったということです。

依頼者はホトホト困ってしまっていました。。。

でもこの問題解決は実は簡単なんですよね…払いたくなければ払わなければよい。。。それだけです。

何事も契約者は色々と保護されます。契約者の同意を得ずに契約内容を勝手に変えることは出来ません…当たり前のことです。ですので携帯会社は、支払い者ではあるものの名義人ではない依頼者ステアの解約はできないというのです…。

不動産でもそうです。ある時気が付いたら自分の物件が他人の名義になっていた‼なんてことがあったら大変ですよね。。。(ごくたまーにありますが、よっぽどのことです)

しかし、よくよく考えると法律の知識がなくてもわかると思いますが、基本的な考えとして権利がない者に義務はないのです。ですので払いたくなければ払わなければいい…ただそれだけです。

相談したらどこの弁護士もそう答えるでしょう。。。

しかし、そこで終わっては良い仕事になりません。依頼者の真の安心といいますか救済にはなっていません。

依頼者は全く知識がないので、色々とフォローをしなくてはなりません。。。それも親身になって能動的に。。。

『払いたくなければ払わなくていい』確かにそうですが、払いたくないからといって何もしなければ恐らくずーっと払い続けることになります。

今回の場合、支払い方法がカードではなく口座振替でしたので良かったです。カードであれば手続きが遅れるとタイミングによっては善意の第三者を抱え込んでしまうので厄介なのですが、口座振替えであればとりあえず口座の残金をゼロにすれば支払いされることはありません。その後、口座を解約したり、口座振替停止依頼をかければいいだけです。支払い者からの支払いがなければ当然請求は名義人に行くことになり、請求を拒否または履行できなければ名義人のみがブラックリスト入りするだけです。支払い者には何のペナルティーもありません。連帯保証人ではないのですから。

ですので、依頼者には当該口座の残高をゼロ(めんどくさいので1000円以下)にするように伝えました。

しかし、これで終わっていいのでしょうか?

今後は携帯代金を支払うことはなくなったと思いますが、今まで支払っていた分はどうなるでしょうか?泣き寝入りするのか?相手にギャフンといわせる方法がないのか?それよりも、支払いが名義人に行った場合は当然名義人(男性)は憤慨して依頼者(女性)に危害を加えるようなことにはならないか?それを考慮して相談役として何をすべきなのか?

法的には詰んではいるのですが、まだ多くの課題が残されています。

現在、二の矢・三の矢と対策を練っておりますが、それ以外にも私の個人的な疑問も解消していきたいと思っています。『名義人とは家族でない依頼者が、なぜ勝手に(依頼者が気が付かないうちに)支払い者にされていたのか?どうやって手続きしたのか?』

私は、以前は滞納者に請求する側のみの立場にいました。いわば矛ばかり持っていました。

しかし、ある時ある入居者さんのサラ金問題の相談に乗った時に思ったのです。

相談者に請求する者が今後どういう対応や手段を講じてくるのか?自分が請求する側の人間であったがゆえに手に取るように分かったのです。そして逆にどうすれば守れるのか?…それも分かりました。そしてこれからは矛ばかりではなく盾も手にしようと…そう思いました。

今回の疑問である『名義人と家族でない依頼者が、なぜ勝手に(依頼者が気が付かないうちに)支払い者にされていたのか?どうやって手続きしたのか?』については正直今の私にはわかりません。恐らく携帯ショップの店員の不手際だと思いますが、もし何らかの抜け道があり相手がそこを突いたのであれば私の知識で通用するレベルの相手ではないのかもしれません。。。

とりあえず、明日(今日)ショップではなく携帯会社に直接問い合わせてみます。それから振替元の銀行への手続きや住民票の移動(今回この件も色々と追跡を防ぐ対策を講じます。私が追う立場なら多分住民票を取りますから…)引っ越し先は既に決まっていますので夜逃げ(実際は昼逃げ…といっても借金を踏み倒すために逃げるわけではない)の手配です。。。

矛ばかりではなく盾を持つことを決心してから色々と経験してきましたが、ひとつ言えることは盾より矛のほうが圧倒的に有利です。

しかし、弱い者を守るために、私は相手の矛より強い盾になりたい…そう思っています。

色々な意味で矛盾との戦いです。

もう1ケース問題が残っています…

しかしもう寝ないといけないので記事は終わります。

オヤスミナサイ(-_-)zzz

[2019/06/13 05:18] | 未分類
トラックバック:(0) |