タイムマシン…それは『幸せ』で『リッチ』な生活を手に入れるための『超加速装置☆』       
    ココはそんな夢のようなマシンを創造するブログです☆

先日入居者さんから電話がありました。

『ガス料金がとても高くなったんですけど…』
とのことでした。
この入居者さんは出産を機に最近私の所有物件同士の
『1Kロフト』から『2DK』に移動された方です。
同じ大家さんなのにガス料金が大幅に高くなるのは何故?
という疑問からお電話いただきました。

ということで、早速ガス会社を変更しました。

以前は平均的な水準であったとしても、油断すると
いつの間にか高くなっているかもしれません。
ガス料金の変動は大家サイドはなかなか気が付きにくい
場合が多いので、今回入居者様から連絡があったことに
感謝するとともに、以前から高いガス料金を支払わざる
を得なかった他の入居者様に申し訳なく思います。

今回ガス会社を変更するにあたり、新しく決定した
ガス会社からリベートの提案がありました。
設備の設置負担・協賛金・キックバック等
色々とあるんですね。。。
個人的にそういうものはあまり好きではありませんが
ガス会社も競争社会の一員ですのでやむを得ない事情が
あるとは理解しています。

ですが、それらについてはすべてお断りしました。
今回の趣旨は、入居者負担の軽減ですので、可能な限り
ガス料金を抑えるようにお願いしました。

物件における設備の設置は十分なスキームを持っていま
すので必要ありません。
協賛金・キックバック等も私の投資の趣旨に合わないの
でプロパンガスにかかわらず全ての場合お断りします。

今回色々な提案を受けましたがすべて断り、その分を
ガス料金引き下げに充てていただきましたが、ガス会社
の担当者さん曰く、そのようなことを言ったのは私で
2人目だそうです。
自分が意外にマイノリティーなのだということを知りました。

不動産投資関連の書籍やブログを見ると
プロパンガス会社を利用して利得を得る手法がうまいやり方
みたいに書かれていますが、そういう事態が一般常識化すると
当然何かしらの規制がかかります。
そうなると今度はその網の抜け穴を探すような手法が出て
くるのですが、そもそもそのような思考を持っている時点で
投資家としての質の低さが露呈されます。

それは節約上手とかそう言う類の問題ではなく
不動産投資にかかわらず、あらゆるビジネスの現場で必要な
高度な交渉・提携などを行っていく上で、必ず障害となる
要素であるからです。

社交辞令に終わらず本当の意味で助け合う仲間を得るため
には、少しでもそういう思考の臭いを相手に嗅がせてはい
けません。
少なくとも私は相手の資質を測るためにそのような目線で
見ています。そして、結果的に信頼できる仲間を増やすこ
とが出来ていると思います。
このことに関しては相手方からしても然りです。

所詮マイノリティーの主張ではあるのですが…。

スポンサーサイト

[2017/05/25 04:45] | 未分類
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: