タイムマシン…それは『幸せ』で『リッチ』な生活を手に入れるための『超加速装置☆』       
    ココはそんな夢のようなマシンを創造するブログです☆

3月に入り忙しくなってきました…

昨年、不動産管理法人ではない法人を設立したのですが
その中に、不動産投資コンサルティングと住宅設備販売
などを組み込んでいました。

その他にも3項目定款にあるのですが

現在は不動産投資コンサルティングと住宅設備販売が
動き出しています。

不動産投資コンサルティングは…
とある土地区画整理組合の代表顧問に就任させて頂くことに
なりました。

10年以上続いた大型ショッピングセンター誘致計画の実現
に向けて詰めの作業をしています

すでに地権者の大多数の同意は得られており、自治体の協力
を得て広大な農振地(○万坪)の除外をします。

ファンド、取引銀行の手配も順調に進んでおります。
道路計画、水路計画、公園計画、その他諸々の計画を行い
合算減歩率を算出…そのパーセンテージを上げるための
妙案がないか思考中です。

大きな事業を行うのには大きな資金調達が必要なのですが
その仕組みは通常の大家さんが行うものとかなり異なりま
す。その辺が面白いです。

この仕事の醍醐味は、株式投資でいうところの
『インサイダー取引』です。

こと不動産投資のカテゴリーではインサイダー取引を
規制していません。
ですので、情報をもとに土地を仕込んでおき区画整理
により減歩された後に数倍の価格で売却する…
または、土地交換により一等地に宅地を得て
新築アパートを建設する等の手法が使えます。

土地を仕込むタイミング
農振地特有の優遇措置、仮登記のリスクなど
色々とマスターすれば面白いことになると思います。

売り物件が少ない…そういう時は土地開発に励む…
自己資金が少ないときは…土地開発で稼ぐ…
そういう手法もいいかと思います。

『○の農振除外申請受理(許可ではない)
のタイミング…』これが重要なキーワードになります。

ちなみに申請書類を作成しましたがこんな感じです↓
(作成するのは結構手間がかかります。)
農振除外申請 

自分一人ではとても買い占められないので
知り合いなどで余裕のある人にはお勧めしようと思っています。

次に…

住宅設備販売ですが

電子錠の販売について全国規模の販売業者と提携する
ことになりました。
我々はメーカー直結の代理店(卸業者)になります。
ついに全国展開です。

日本の電子錠普及率は諸外国に比べるとものすごく低く
潜在する需要はとても大きいと思っています。

電子錠を取り扱うようになった初めの頃は、我々に
『いたらないこと』がたくさんありました。
はっきり言って力不足でした…
しかし、今では違います。
弱点だった点を改善し、色々なパーツを独自開発
することにより、大きな物流企業に提携を申し出て
頂くことができました。

これから面白くなりそうです☆

残るは『建築・リフォーム事業』『レンタカー業務』です。

『建築・リフォーム事業』はスキームがほぼ完成しています。
『レンタカー業務』は整備工場を取得しもう少しで形になります。

…以上が現在進行中の案件でした。


スポンサーサイト

[2017/03/08 00:43] | 未分類
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: