タイムマシン…それは『幸せ』で『リッチ』な生活を手に入れるための『超加速装置☆』       
    ココはそんな夢のようなマシンを創造するブログです☆

雲の上の大家への道のりはまだ遠い…そう思う今日この頃。

先日、とある住宅設備関連の展示会に出展者として参加しました。

前回までは購入する側の工務店(業者)という立ち位置でしたが

今回からは、販売する側、出展者ということになります。

今日はそこで、気が付いたことなどを記事にします。

会場に来られるお客様にも色々と区別が存在します。

そのことを皆さんご存知でしょうか?

会場に入場するとき、受付けで手続きをする場合があると

思いますが、ワンランク上の大家を目指す方ならば必ず

その意味を知る必要があります。

受付け時に実は購入者の区分けをされています。

それを理解して購入する側はより良い立ち位置で有利に交渉

出来るポジションに立たなくてはなりません。

私は、以前までは購入者の立場でしたが、出展者の立場で

舞台裏を見渡してみると、色々と今まで見えなかったことが

見えてきました。

サラリーマン大家が業者扱いで業販価格を享受する。

以前の私はこの立ち位置で満足していました。

しかし、出展する側となりもうワンランク上が見えてきました。

それはどういう内容か?

私も、今回の展示会にて色々な資材や設備を購入しました。

しかし、その内容は客が業者と交渉して安く購入するという

ものではなく、お互いが利益幅・売上金額などを総合的に

判断して、どこを最大限に伸ばし、出展販売営業担当者が

良い数字を会社に持って帰れるか?

購入する側は、相手の都合を最大限くみとって自分も相手も

有益な取引が出来るようにできるか?といった内容です。

同じ立場になると本音トークで『ぶっちゃけ』ることが出来ます。

今回は、売り手が価格を下げ過ぎて、私がいや…もっと値段上げ

ましょうよ…なんてシーンもありましたが、型落ち品を引き受けさ

せてもらったり…いや悪いんで新商品を送ります…となったり…

色々と面白い取引となりました。

総じて言えることは、出展者は皆同じ会場で展示会を盛り上げる

仲間であること。その仲間同士、協力すれば変な駆け引きがなく

お互いが最も望むことを成し得ることが出来ます。

展示会が終了し、後片付けが終わって帰宅する際に

『また次回の展示会でお会いしましょう☆』

と握手をし帰りました。

今までの立ち位置(購入業者扱い)ではなかったことです。

流行りのCM風に言えば『1UP』した?

そんな手応えを感じることが出来ました。

サラリーマン大家でも展示会の出展者になれる!!

以前から目指していたことがようやく現実になりました。

次の目標は、九州を中心に大家向けに特化した住宅設備・資材

の流通に関する主要企業の一つになれるように…

そして、その流れを全国に広めたいと考えています。

それを成し得るためには、私一人の力では全然足りません。

その時は、是非私の大家仲間の力も借りたいと思っています。

皆さま宜しくお願い致します☆

ここからは番外編…

展示会には知っている大家さんや業者(工務店等)も来られてい

ました。

その大家さんたちのそれぞれの立ち位置を傍から見られたのが

面白かったです☆

『力』のレベルを見極めることが出来ました。

同じ商品でも、購入する人の力量により2~3万円の差が平気で

ついてしまいます。

その点は販売者側は容赦をしません。

(私もうっかりIDを外した途端に一般価格を提示されてしまいました。)

それに気が付かない時点ですでに勝負はついている…

不動産投資は総合的に上手く『管理』するだけでは不十分です。

出来ることならば『支配』しなくてはなりません。

購入・依頼・発注など色々な事を、合理的に管理していれば

上手くいく…

そんなことは当たり前であり、いうなれば偏差値50止まりです。

不動産投資の本やセミナー内容を一生懸命勉強して

その通りに実践しても、普通の平均的な大家にしかなれません。

それでも収益があげられるのは、幸いにも当たり前のことが出来

ていない大家さんがまだたくさんいるからと認識した方が良いと

思います。

地域によっては恐ろしいほどの力を持つ猛者ばかりいるところも

あります。

そういったことに早く気が付くべきだと思います。

例えば、これから人口が減っていく…

セミナーなどでよく聞くフレーズですが、そんなことを気にしている

時点で〇〇です。

人口が減っても住居が必要とされるのは変わりません。

競争倍率が上がっても、選ばれる部屋を用意できればそれで

十分です。

皆が偏差値50ならば人口減少は大問題でしょうが…

出口戦略が大事?

大規模修繕の落とし穴?

そういった問題は偏差値50の大家さんの悩みと言っていいと

思います。

その類のセミナーやブロガーに影響されているようでしたら

もう一度自分の投資を見つめなおした方が良い。。。

そう思います。

雲の上の大家への道はまだまだ遠い…

色々と試練を乗り越えたと思っても、上を見るとまだ高いところに

雲がある…

そう思えた今日この頃でした。






スポンサーサイト

[2016/03/27 23:17] | 人のご縁ででっかく生きよう☆
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: