タイムマシン…それは『幸せ』で『リッチ』な生活を手に入れるための『超加速装置☆』       
    ココはそんな夢のようなマシンを創造するブログです☆

私事ですが、仲間を増やそうと思っています。

最近お付き合いのある業者さんなどの従業員さん
から不動産投資について色々と話を聞かれます。

例えば…
不動産会社の方
資材卸業者の方
工務店の方

などなどです。

それぞれの業種の方々は不動産投資でお付き合いする
業者側の方たちですが、不動産投資について興味はあ
っても、自分で経営していない段階では色々な面で技
能は低いです(当たり前ですが。。。)

しかし、私はそういう方々は私みたいな不動産とは全く
関係ない業種出身の者からすると、開始した時点でかな
りのアドバンテージを持っていると思います。

私からすれば、まさに人材の宝庫です。

そういう観点から、色々と不動産投資について質問を受
けた際に、真剣に取り組むのでしたら一緒にやっていき
ましょう!!と声をかけさせて頂きました。

それぞれのジャンルのエキスパートが集まれば、大きな
力になります。
今まではビジネス上のお付き合いですが、それ以上の
協力関係が必ず築けます。

業者間取引(BtoB)では規約に基づき粛々と手続きが
行われます。取引形態により、同じ取引業者でもランク
分けされており、親密な関係が築けますが、組織として
のお付き合いは個人的なお付き合いで発生する能動的な
協力関係には及びません。

そういった壁を乗り越える協力関係が築き上げること
が出来ます。(実際に一部で実現できています)

懇意・なじみの・お得意の…
そういった関係は普通に大家さんをやっていれば
程度の違いはあれど必ず身に着けていると思います。

しかし、そこに能動的な行動が存在しているのか?
社交辞令や親切心での行動と区別がつきにくい
そこそこ良い関係もありますが、盟友と呼べる
仲間としてお付き合いが出来るのか?
そういったところを深く掘り下げて考えてみるのも
いいかもしれません。

銀行に自分の与信を棚に上げ借りられるだけ借りて
貸してくれた=良い関係が出来ている
と勘違いしている方がいます。
そういった方が、借りすぎて次に融資が出ない
⇒協力的ではないから定期預金を引き揚げ
といったパターンがあります。
融資が出ないのは融資を受ける側の人間の責任です。
銀行のせいではありません。
その辺は初歩の初歩ですので説明しなくてもいいと
思いますが、少し名の知れた方々がそういったこと
をブログなどで記述されていたりするので少々心配
になります。

不動産投資を実践してきて難しかったことを振り返
ると…

最初は知識を得るのが難しかったと思います。
次に、築古を扱うようになって物流(資材調達)を
コントロールすることが困難でした。
物流うまくこなせるようになれば劇的に成長できます。

しかし、一番難しいのは『人』です。
本当にこれが一番難しいです。

人間が能動的に行動するということは非常に大切です。
知らない者同士がベクトルも合わさずにお互いが協力
して問題を解決することはまずありえません。

それが知っている者同士でも実現しない場合が多いです。

しかし、同じ目標に向かって自分が他人のために
能動的に行動する…その逆も然り…
どうしたらよいでしょうか?

その辺も考えて不動産経営を実践してみるのもいいか
もしれません。

今回仲間が増えますが、仲間が強くなれば、
自分も強くなれる…そういう関係を築けるように
皆が結束して頑張っていけたらと思います。

すでに仲間の方☆
新しい仲間を何卒よろしくお願いいたします。

スポンサーサイト

[2017/11/04 03:30] | 未分類
トラックバック:(0) |